自動車点検基準改正のご案内

2018年11月06日

平成30年6月27日に国土交通省より公布された「自動車点検基準の一部を改正する省令」により、大型車(車両総重量8トン以上のトラック・トレーラ又は乗員30名以上のバス)の実施する3月毎の定期点検項目に一部点検項目が追加され、10月1日より施行されました。
つきましては、追加された点検項目と点検方法につきましてサービスニュースを作成致しましたので、今後の点検の際にご活用頂きたくお知らせ申します。

新しく点検する事となった部位につきましては、下記になります。
1.スペアタイヤの取付装置の点検
2.スペアタイヤの取付状態の点検
3.ツールボックスの取付の点検
   
  
なお、ツールボックスの形状等につきましては、別紙事例を参考にして頂き、該当可否等につきましてご不明な点などがありましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。
車体の点検整備につきましては、専門のサービス工場(認証工場)で受けて下さい。 詳細については下記パンフレットをご一読いただきますようお願い致します。


「自動車点検基準改正によるスペアタイヤ・ツールボックスの点検」
「昭和飛行機製タンクローリのツールボックスの例」
「日本自動車車体工業会・編 ツールボックスの事例集」

製品に関するご相談・お問い合わせ

担当:輸送・機器事業部 営業部 営業1課

TEL:042-541-8882
FAX:042-541-8899

お問い合わせフォーム


Page Top