認証取得


JIS Q 9001

当社は、1998年7月に航空機関連製品での取得をはじめとし、1999年7月に特装関連製品、2001年7月にはハニカム、複合材関連製品において品質マネジメントシステム JIS Q 9001の認証を取得いたしております。
また、2018年7月には品質マネジメントシステム JIS Q 9001:2015(ISO9001:2015)の認証を取得しております。

JIS Q 9100

2003年9月には航空機装備品、航空機機体部品及び整備支援機材、航空宇宙用途ハニカムコア材、複合材機体部品において航空宇宙品質マネジメントシステム JIS Q 9100についても認証を取得いたしております。
また、2018年7⽉には品質マネジメントシステム JIS Q 9100:2016の認証を取得しております。

NADCAP

当社は、2006年に航空宇宙・防衛産業界の特殊工程の国際認証制度であるNADCAP(National Aerospace and Defense Contractors Accreditation Program)の認証を取得しております。

■ 複合材分野(Composites) 2006年5月認証取得
 ・AC7118

■ 非破壊試験分野(Non Destructive Testing) 2006年4月認証取得
 ・AC7114
 ・AC7114S
 ・AC7114-3
 ・AC7114-3S


製品品質への取組み

当社は品質方針を掲げ、JIS Q 9001/9100に基づく品質マネジメントシステム(QMS)の効果的な運用により、 お客様のニーズに合った製品及びサービスを提供すると共に、安全性と信頼性の確保に努めます。

昭和飛行機工業株式会社 品質方針

顧客の信頼と満足を得る製品を提供し、
当社の永続的な発展と社会への貢献を達成する


輸送・機器事業部のQMS取組み

1.お客様の要求事項、法令・規制要求事項を満たした製品およびサービスを提供し顧客満足の向上に努めます。
2.経営理念、企業行動憲章、品質マニュアルに基づき、法令及び社内ルールのコンプライアンスを遵守します。
3.トップマネジメント及び全従業員は、QMSの目的及び目標を達成するため積極的にQMSを計画・実行します。
4.変化する社会(事業環境)やお客様のニーズに応じて、PDCAサイクルによりQMSの有効性を継続的に改善します。



ISO14001

当社は昭島工場において国際標準規格のISO14001(2001年1月 認証取得)に基づき、事業活動に伴う環境負荷の低減を継続的に実施しています。

■ISO14001適用範囲


昭和飛行機工業株式会社 昭島工場 環境方針

1.軽量構造製品、輸送機器、福祉機器、及び航空宇宙用製品等の生産活動にあたり、省資源、省エネルギー及び廃棄物削減を推進し、多摩の緑豊かなうるおいのある環境の保全を図る。
2.環境マネジメントシステムを実践することにより、地球温暖化防止、持続可能な資源の利用を含む環境汚染の予防と環境影響の継続的改善を行う。
3.国・自治体による環境関連の法律、条例及び当社が同意したその他の要求事項を遵守する。
4.本方針及び生産活動による環境影響評価を基に、具体的な目的及び目標を設定し、継続的に見直しを行う。
5.全従業員に本方針の周知徹底を図り、環境保全活動を継続的に実践する。
6.本方針は社内外に開示する。

Page Top