航空機床板用ハニカムパネルのボーイング社認定(BMS4-20)取得について

  • 2018年03月30日

  • この度当社では、炭素繊維複合材(CFRP)を表面板に使用した、航空機床板用ハニカムサンドイッチパネルを開発しボーイング社の認定(BMS4-20)を取得しました。このサンドイッチパネルはボーイング社が製造する旅客機の客室の床に使用されるものです。

    このパネルは、高強度で耐熱性に優れたアラミド紙に樹脂を含侵させて製造したアラミドハニカムを芯材に使用し、CFRPの表面板で挟んだサンドイッチパネルです。当社は、ハニカム素材でボーイング社の認定を取得していますが、航空機床板用ハニカムサンドイッチパネルでは初の認定取得となります。ハニカムメーカーの当社がパネルまで一貫生産するため、安定した品質と納期でパネル供給が可能になります。製造に当たっては、当社国内工場で作ったアラミドハニカムに、2014年に設立したフィリピンの子会社(Showa Aircraft Industry Philippines Inc.)で表面板を接着してパネルを製造します。

    現在、当社では新造機市場に対し、同製品の供給を計画していると同時に、今後増加が期待できる中古機改修による交換需要に対しても販売体制を整える計画です。今回の認定取得を契機により多くの航空機への採用を目指し、認定範囲の拡大とそれによる販売拡大を計画しています。


BMS4-20認定 航空機床板用ハニカムサンドイッチパネル


Page Top