昭和飛行機グループ2025ビジョン



昭和飛行機工業株式会社は、2017年会社設立80周年にあたり「昭和飛行機グループ2025ビジョン」を策定しました。
本ビジョンで「昭和飛行機グループ」の事業領域の明確化を図り、それぞれの事業の「ありたい姿」を描きました。
今後、本ビジョンに基づいた経営計画を策定し、事業推進を図って参ります。



  



事業領域とありたい姿

製造事業
・マーケティング力とエンジニアリング力で顧客ニーズに応える企業ブランドの確立
不動産事業
・昭和の森のクオリティ・ブランド価値の提供
 
・ 世の中のニーズ・変化にレスポンスする事業展開
サービス事業
・ 顧客満足度の高い高品質なブランド価値の提供
 
・人々のライフスタイルを豊かにする事業展開



各事業で注力していく事項

製造事業
・「航空宇宙事業」と「陸上輸送事業」を主事業領域・製品群として注力
不動産事業
・既存不動産施設の収益維持と付加価値の追求
 
・新たな収益源となる社有地新規開発の推進
サービス事業
・東京昭島「昭和の森」を基盤とした競争力あるスポーツ・レジャー事業の展開
 
・ブランド力を生かし、差別化された物販・地域サービス事業を展開



経営数値目標

 
 2025年度目標  連結売上 350億円  連結営業利益率 10%




Page Top